恋愛を1から学んで見る

恋愛ハウツー本なんて、今まで正直ばかにしていたし

そこそこ(メイクをすることで)男性に好まれる顔を作れて、

まぁまぁ声をかけてもらえて、3度目のデートで告白してもらえるのだから

私にはそんなもの必要ないと、鼻で笑っていたわけです。


まさかこの歳になってまだ恋愛で悩んでいるだなんて。


また一つ歳をとって、不思議と『結婚』というものに対しては諦めることができてきて、

その代わりに『うまく恋愛していく』ことはどうしたらできるのか?実践ではなくて、男女の考え方の違いを軸に学んでみたいと思ったわけです。


女性の恋愛の悩みは似たりよったりということは、その悩みを抱かせる男性はみんな同じように考えて同じように行動しているわけでしょ?


こんなことしないといけないならパートナーなんていらないや、と思うかもしれませんが

ものは試しとも思いますので、まずは男性心理を学んでそこに応じた対応をしてみて、うまくいくのかいかないのか検証してみよう、と。


昨年の自分からのメッセージを1ヶ月ぶりに読み、(もう1年の1/12が過ぎた事実怖すぎませんか)

今年は違う角度からアプローチしていかないと延々と無駄な時間を過ごすなと思いました。


美容もがんばりたい、勉強もがんばりたい、仕事も頑張りたい、人付き合いもがんばりたい、恋愛もがんばりたい、楽しく生きるということをがんばりたい。


がんばる、の方向性は色々ですが良い1年が過ごせるように、がんばります(がんばりたい)


みなさんは2020年、どんな年にしたいですか。

大丈夫、私いま生きてるもん。

2020年の私へ


2018年から2019年12月31日の今日までに6人と付き合った(内一人はまだ付き合ってる最中)んだけどさ、

ここまで『続かない恋愛』を立て続けにすると、なんか清々しいくらい心から『私結婚できないんだな笑』と思えるようになったよね。

勿論どこかで良いパートナーに巡り会えたならそれは幸せなんだろうけど、そろそろ『一人でも幸せになる方法』を模索する方に寄せていくことが大事なんだろな。

上げたい、上げたい、と思いつつ未だ中途半端にぐらぐらしている私の自己肯定感はいつ自立するんだろう。

何も行動できていない気がするのに、不安とマイナス思考ばかりが先行してスタートにも立てていないような気になってしまう。

実際立てていないんだけど。


理想と現実のギャップを埋めるための嘘は自分で自分を苦しめるし、味方を失うし、未来を暗くするし意味ないよな。

そうわかっていても中毒かのようにそうしてしまう。

逆転するにはどうしたらいいかって、そんなの現実にするしかないよ。

稼いで、引っ越して、綺麗になって、仕事で成功して、何より人から信頼される人間になるしかない。


今年、何回言い訳した?

何度自分を甘やかしてチャンスを殺した?

見た目には限界があるって、もう気付いてるよな?

そうなんだよ、ありきたりだけど人間は結局中身なんだよ。


来年は空っぽの箱に詰めていけよな。


2019年の私より

ピンキーリング

お気に入りのピンキーリングがあるんですけども。


2月だったかな?5年間くらいずっと悩んでいた

NOJESSの王冠モチーフのピンキーリングを購入しました。

気になる人はネットで調べてみたほしいんだけど、

NOJESSの王冠ピンキーには恋人ができるとか結婚できるとか、笑

色々おまじない要素があるんだよね。


それを買った時は半分気まぐれで、

うまくいっていなかったけど彼氏もいて、

買ってから数週間後に別れました笑


だから恋愛運について私が言及することはないんだけど

このリングを買ってよかったのが、


「毎朝リングを身に着ける」


というルーティンが一つできたこと。

自己肯定感を高めるためには小さな達成が必要(過去記事参照)で

私の場合は継続するということがなかなか出来なかったから

このルーティンができたことは、本当に良かったなって思う。

毎朝、


今日も私は大丈夫だ


っていう謎の小さな安心感がある。

メイクの時間がなくても、髪が寝起きのままでも

アクセサリー着いてるからなんかちゃんとしてる感😂


その流れで、7年くらい前に買って

あまり活用されていなかったイヤリングもセット着けが当たり前に。


自己肯定感の低い同志のみなさま、

私の場合はリングがきっかけだったけど

なんでもない小さなことでいいから

毎日のルーティンをなにか見つけてみてね。


今日も一日がんばろ〜。